FC2ブログ

主務のぐたぐただらだら愚痴部屋

大阪のラグビークラブの主務の愚痴部屋です。 日々の所感をぐたぐた、だらだら愚痴ります。
昨日のトライネーションズを見て思った感想。

昨日、オールブラックスとスプリングボクスのトライネーションズを見た。

モールがほとんどなし。ラック中心です。
スピードアップされています。
キックの多様化が問題となっているようです。

南アもハイパント多様している。
狭い地域をいかに有効活用するかが鍵となるだろう。
スポンサーサイト



昨年のラグビーW杯以降、まことしやかに言われていたことが現実になった。

国際ラグビー機構(IRB)が昨日開かれた理事会で決める見通しだ。
日本協会のレフェリーや強化担当者が「ラグビーの質が変わるだろう」と話すほど大幅な変更案が含まれている。
改正案の趣旨は、密集でもみ合う時間を短くしたり、プレーが途切れる要素を少なくした上で、キックよりもランニングプレーでの攻撃を促すもので、改正ルール案の中には、これまでの常識を覆すものも含まれている。

IRBでは、実験的に新ルールで行った試合や、今年から一部の新ルール案を採用した南半球のクラブ対抗戦「スーパー14」からの報告などをもとに、日本を含めた各加盟協会に意見を求めていた。
日本協会に入った情報では欧州の有力協会が反対している案も多く、1日の理事会でどこまで採用されるかは読みにくい。採用された新ルールの実施は今年9月からになる見込みだ。
日本でも原則として今秋開幕のシーズンから新ルールで試合を行う方針で、トップリーグも、今季からの採用を確認。
上級のレフェリーにも既に、新ルールの日本語訳が渡され、対応が始まった。

今回のルール改正案について、昨年から言われていたことなので吃驚することでもないが、個人的見解としてワイドな展開、フリーキックからの速攻が増え、デフェンスの重要性と80分走る体力が求められるだろう。

◇主なルール改正案◇(カッコ内は現行ルール)

【モール、ラック】
▽ラックで立っている選手は、地上にあるボールを手で扱ってよい(手で扱うとペナルティー)
▽ボールが出ない場合は、防御側のフリーキック(前進している側または攻撃側ボールのスクラム)
▽防御側は、モールを引き倒してもよい(モールを故意に崩せばペナルティー)

【スクラム】
▽SHを除くバックスは、両チームともスクラムの最後尾から5メートル下がっていなければならない
(最後尾の線まで出てもよい)

【ラインアウト】
▽自陣22メートル以内に自分たちで持ち込んだボールを直接タッチにけり出した場合、けった地点に戻されて
ラインアウトとなる(ボールがタッチラインを横切った地点でラインアウト)
▽ノットストレートの投入は、相手にフリーキック(相手ボールのスクラムか、スローイン)
▽いずれのチーム側にもラインアウト構成人数に制限はない(ボール投入側が人数の上限を決める)

【ペナルティー】
▽オフサイドや危険なプレー以外の反則に対する罰則は原則として、ペナルティーキックでなく、フリーキックとする
日本ラグビー協会は27日、08年度の7人制日本代表監督に、元日本代表SH村田亙(40)=ヤマハ発動機=が就任すると発表した。
契約は1年で、ヤマハに所属しながら指導を行う。
今季で現役を引退したが、日本人選手初のプロ選手としてフランスでも活躍したスター選手。
引退直後に代表監督となる抜てき人事。来年3月の7人制W杯へチームを率いる。

元祖スピード・ラグビーの旗手が、破格の待遇で7人制代表監督に招かれた。「日本の特色を生かした、スピーディーなラグビーを見せたい。そのためにも、基本となるディフェンスをかためることからスタートしたい」。と就任会見で語った。

日本代表では堀越の影で不遇の時期もあったが東芝時代は好きな選手だったな。





10年にわたりラグビーの豪州代表として不動の指令塔に君臨したSOスティーブン・ラーカムが16日、トップリーグに所属するリコーに来季から加入することが決まった。

契約期間は今年4月から3年間となる。

 世界屈指の指令塔が、リコー再建に加わる。豪州では歴代3人目となる代表100キャップ(通算102キャップ)を果たし、優勝した1999年W杯ウェールズ大会から、昨年のフランス大会まで3大会連続でW杯に出場したSOが、日本を舞台に大暴れする。

 「いつも日本でプレーしたいと思っていたが、予定より少し早くチャンスを得られた。家族も東京に住むことを楽しみにしている」。この日、豪州で意気込みを語ったラーカムは、96年に豪州代表入り。流れるようなパスワーク、相手のスペースを突くラン、キックと華麗なプレーで一躍世界トップクラスのSOに浮上した。99年W杯では、同代表を2度目の優勝へと導いた。10年以上にわたり、世界屈指の強豪の背番号10を守り続けてきたが、昨年のW杯で同代表が準々決勝でイングランド代表に敗れて代表引退を表明。くしくも同W杯での日本代表戦が代表最後の試合となった。

 欧州強豪クラブからの誘いもあったが、現在TLで14チーム中13位と低迷するリコーでのプレーを選んだ。TL発足後4シーズン連続で入れ替え戦に回るなど苦戦が続くチームには、最強の救世主となる。

ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機は30日、ニュージーランド代表オールブラックスのFWルーベン・ソーン(32)の新加入が内定したと発表した。

チームへの合流は来年4月以降となる見込みだ。

ソーンは1999、2003、07年と3度のワールドカップ(W杯)に出場。
代表として50試合に出場し、うち23試合で主将を務めた。 

来年のトップリーグはまた面白くなる。
ヤマハの徐君は、ソーンから大いなる物を得ることが出来るだろう。

001_4.jpg