FC2ブログ

主務のぐたぐただらだら愚痴部屋

大阪のラグビークラブの主務の愚痴部屋です。 日々の所感をぐたぐた、だらだら愚痴ります。
 ナイジェル・マンセルは、現在F1界で問題になっているスパイスキャンダルは、F1や関係チームの名誉を傷つける忌むべき事件であると語った。
 7月26日、世界モータースポーツ評議会は、マクラーレンがフェラーリの機密書類を所持し、国際スポーツ法典第151c条に違反していると認めながらも、その情報がF1を不正に妨げる形で使用されたという十分な証拠がないとして、ペナルティは科さないという判決を下した。これに対し、フェラーリが疑念を表明、この結果、9月に控訴審が行われることになった。
 1992年のチャンピオンであり、マクラーレンにもフェラーリにも所属したことのあるマンセルは、長年F1においてスパイ行為は行われてきたことではあるが、この一件のおかげで、近年珍しいほど接戦のタイトル争いが損なわれてしまうことを悲観している。
「それ(スパイ行為)は常に存在してきたことではあるが、これほどのレベルで行われてはいなかった」とマンセルは英クラッシュネットに対して語った。
「こういうことはこのスポーツにとってよくないことだし、このスポーツの低迷を招いてしまう。ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソには影響がおよばないということで、F1とF1の本質は非常にクレバーかつ巧妙になったとは思うが、マクラーレンの名声には傷がつくと思う」
「トップ2チームの間でこういうことが起こり、民事裁判が行われるというのは、最悪なことだと思う。民事裁判で事がさらに明らかにされるのだろうがね。残念なことだが、我々はそれに集中するのではなく、レースに集中すべきだ。こんな事件が起きなければ、簡単に(レースに集中)できたのだろうが」





























スポンサーサイト



 自動車レースF1の総合3連覇を目指すフェルナンド・アロンソ(スペイン、マクラーレン)が、現在総合首位のチームメイト、ルイス・ハミルトン(英国)との確執で、来季移籍の可能性が浮上している。
 アロンソは先日のハンガリー・グランプリ(GP)予選で、一時はポールポジション(PP)を獲得したが、その後にハミルトンへの妨害でPPをはく奪された。翌日の決勝では、繰り上がりでPPを手にしたハミルトンが同レースを制した。
 同レース後、アロンソはハミルトンと言葉を交わしていない様子で、チームの関係者は「アロンソが来季にマクラーレンを去るのは確実」とロイターに対して語っている。
 2005年にマクラーレンと複数年契約を交わしたアロンソだが、仮に来季移籍が現実となれば、古巣ルノーに戻る可能性が高いとうわさされている。