FC2ブログ

主務のぐたぐただらだら愚痴部屋

大阪のラグビークラブの主務の愚痴部屋です。 日々の所感をぐたぐた、だらだら愚痴ります。
みなさんに質問です。

ラグビーはどんなスポーツだと思いますか?
痛い、汚い、がさつ…等々いろんな罵詈雑言が飛んできそうです。
個人的な感想ですが、ラグビーとはとてもメンタルなスポーツだと思うのです。
メンタルな部分で左右される比重がされます。
特にチーム内での個々の考え方もさることながら、チーム自体の意思統一の重要性が一番勝利を
もたらすキーパーソンだと思うのです。

単純に体をぶつけ合ってるドM集団ではない。ドSの方が多いかも…
体重や体格差で制限されてないため、いろんな用途の人間がいます。

ラグビーって陣地取りです。簡単に言えば「戦争ごっこ」昔よくしませんでしたか?
だって、軍隊にだっていろんな部隊がいますよね。
戦車隊やミサイル部隊、歩兵、騎兵、工兵、通信…ラグビーってこれだと思うんですよ。
手持ちのカード15枚を盤面(グラウンド)に出し、残り7枚をどうきっていくか。
きったカードによって戦局が大きく変わる。
ある意味、シュミレーションゲームの実体験版…
昔のめり込んで友人宅でしていたからこそ、そこにおもしろさを感じているのかもしれません。

でも、選手22人だけで勝てるはずもない。
しんどい練習をしたから勝てるなんてはなから思いません。
しないと勝てないのも事実ですが…

そもそも、上手い人だけが寄り集まって、強いチームが出来たとしても長続きはしません。
その強さを維持し、チーム組織力を継続することの難しさ、もどかしさをチーム全体での認識の一致が
必要ということがここ数年の我がチームの状態を鑑み、理解することが出来た。

特に、日曜日関西クラブリーグの入れ替え戦を見てつくづくそれを感じた。
最終到達地点が明確なチームとそうでないチームの差。
ありありと出たように思える。
チームとしての総合力が、個人力の合計点より低くなる。
誰が悪いわけでもないのに、組織力のパフォーマンスは上がらない。
こうした状況に執行部や幹部、プレイヤーにいろいろと聞き込んでいくと、個々の『目標の共有度合い』に
大きな差があったのです。そこに大きな問題点があります。
夢や価値観の不一致!そして個々の考え方やとらえ方によってに大きな問題点が生じていました。

我々ならば、個人力・組織力で勝る関東の強豪チームにも伍して戦うためにどうすべきか…
勝利や優勝といった“強烈な目標”、そしてその目標に向かうための“明確な筋道”が共有されていること。
全てのメンバーがそれに向かってやり抜くという気持ちが一番大事です。
逆に弱いチームは目的意識が希薄でひとりひとりの動きがバラバラ。
ひどい場合にはグラウンド外での行動が第一目標になっている。

チームにとって、“強烈な目標”とはミッション・使命です。
そして“明確な筋道”とは、チーム内ポリシーと、ひとりひとりの行動指針を明確にしていかなければならない。

昨日、元日本代表LO林敏之氏が主催するNPOラグビー寺子屋のセミナー・講習会に参加した。

一言で熱い!熱すぎる!男はこうでないと!
講演が始まって昔に浸って涙を流せる、そうそういないです。
講演中鼻血を出して講演する人いないです。

この週末から週明けにいろんな勉強をさせていただきました。
うちの若いメンバーに講演を聴かせたい。
爪の垢でも煎じて飲ませたい。
そんな気分になりました。
スポンサーサイト



シーズンが終われどやることがありすぎます。

リーグ運営委員なので他の試合も運営しなければいけない。

これがもっと大変・・・なんだけどね。

来年に向けてどうするかとても重要です。

リーグ戦がどう転ぶにせよ任されたポジションで事を運ぶのみです。

MMORPG
プラセンタ
手帳
パソコン通販なら