FC2ブログ

主務のぐたぐただらだら愚痴部屋

大阪のラグビークラブの主務の愚痴部屋です。 日々の所感をぐたぐた、だらだら愚痴ります。
阪神の関本健太郎内野手が、中日の立浪が持つ二塁手としての連続守備機会無失策のセ・リーグ記録712(連続シーズン)を抜き更新中だ。「投手が打ち取った打球は必ずアウトにしたい」という11年目の28歳。チーム事情で一塁と三塁もこなしながら、2005年5月3日から3シーズンにわたって堅実なプレーを積み重ねている。

 天理高からドラフト2位で阪神に入団。186センチ、83キロの恵まれた体格が売り。高校1年時に体が大きいことで甲子園のアルプス席で旗手を務めたことがある大型内野手は、打撃力が買われてのプロ入りだった。

 1軍定着後も、守備面で評価が高いのは、俊敏な動きに優れるライバルの藤本のほう。対抗するために、関本が時間を注いだのはポジショニングの研究だった。

 1シーズンでの連続守備機会無失策のリーグ記録を持つ和田守備走塁コーチは「試合前、資料で対戦チームの選手の打球方向などをよく勉強している」と、陰の努力を高く評価する。

 印象的なのは、5月23日のソフトバンク戦。2-1の六回、鳥谷の失策で先頭打者を塁に出した直後の松中を、極端に一塁側へ寄った守備布陣で二ゴロに仕留めた。ポジショニングはチームの指示と自身の判断だった。対戦が少ないパ・リーグの打者の傾向すら頭にたたき込み、チームの勝利を大きくたぐり寄せた。

 記録更新時に「(甲子園のグラウンド整備を担当する)阪神園芸の方、グラブを作ってくれている方に感謝したい」と裏方への配慮も忘れなかった背番号3。安定感のある守備で、これからもチームの勝利に貢献していく。

いやー、今日の先制ホームラン綺麗だったね。
ロード初戦を取ったことは良いことや。












スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chollima.blog58.fc2.com/tb.php/28-da5f25d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック