FC2ブログ

主務のぐたぐただらだら愚痴部屋

大阪のラグビークラブの主務の愚痴部屋です。 日々の所感をぐたぐた、だらだら愚痴ります。
首位に2・5差まで接近 長期遠征でも好調阪神
 6月24日、首位巨人とは12ゲームの開きがあった。それから2カ月で差は2・5に。阪神は今季初の単独首位を狙えるところまで、差を縮めてきた。
 3日から恒例の長期遠征が始まったが、ここまで9勝5敗1分け。11年ぶりに勝ち越した2005年以来の、長期ロードでの勝ち越しまであと2勝としている。
 チームを支えているのは投手陣。先発陣は、遠征に出てから防御率2・19。杉山、能見が1軍に復帰してから、ともに先発で好投している。「ラッキーで抑えているんじゃない。2人ともいい内容」と岡田監督を喜ばせている。
 中継ぎ陣では渡辺、江草。渡辺が7試合に登板して防御率2・25、江草が8試合で1・08。これまでは、負けていても接戦なら「JFK」が投入されていたが、今は安定感ある2人が登板している。目立たないが、登板過多な3人を休ませる意味でも大きい。
 日程面も後押ししている。長期遠征の合間に“準地元”の京セラドームで6連戦が組まれた。「死のロード」と呼ばれた移動の過酷さ。それを免れ、岡田監督も「体力的に楽やった」と話す。大町営業部課長は「オリックス、パ・リーグ、セ・リーグと相談した。(京セラの)日程も空いていて、可能となった」と説明。フロントが現場をバックアップした。
 打線が下降気味なのが気掛かりだが、遠征も残り6戦。24日からは中日との3連戦が控えている。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chollima.blog58.fc2.com/tb.php/49-20aee51d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック